転職先の決め方が分からない方へ【選んではいけない会社とは?】




転職先の決め方に悩む人

転職先を探しているけど、どのような基準で転職先を決めたらよいのかな?

どのような会社を選ぶべきなのか、分からない。

選んではいけない会社の条件があれば、あわせて知りたい。

このような悩みについて解説していきます。

今回も前回の記事同様、北野唯我さん「転職の思考法」の内容を参考に書いております。

まだ読んでいない社会人の方は大変勿体ないので、是非チェックしてみて下さい。

↓↓↓ ※クリックしてもお金は発生しません。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

この記事を読むメリット
  • 何に注意をして転職先を決めたら良いかが分かる
  • 転職先に選んではいけない会社、選ぶべき会社が分かる

1. 転職先の決め方が分からない方へ【選んではいけない会社】

Photo by Headway on Unsplash

転職先として選んではいけない会社

早速ですが、転職先として選ぶべきではない会社の条件を説明していきたいと思います。

転職先として選んではいけない会社

10年前から同じサービスを同じ顧客に売り続けている会社

業界の生産性が低く、成長が見込めない会社(衰退産業)

社員が知人を呼び込むようなリファラル採用ができていない会社

10年前から同じサービスを同じ顧客に売り続けている会社

10年前と全く同じサービスを、同じ顧客に売っている会社は選んではいけません。

現代の変化の激しい世の中で、10年間も変わらないものを変わらない顧客に売っているということは、既にその業界のマーケットが成熟してしまっている可能性が非常に高いです。

10年間サービスが変わらないこと自体は悪い事ではありません。

それだけ需要が続くという事は、とても素晴らしい事です。

しかし、転職としてその会社・業界に踏み入れるということは、代替可能な存在になる可能性が高いということです。

最低10年分の先輩がいるということになりますね。

転職先としてはあまりおすすめできません。

業界の生産性が低く、成長が見込めない会社(衰退産業)

先述の、10年間も変わらないものを変わらない顧客に売っている会社もそれに該当しますが、「業界の生産性」が低くて、今後の成長が見込めない産業、つまり衰退産業に転職することはおすすめできません。

「転職の思考法」では仕事のライフサイクルについて言及しています。

参考:「転職の思考法」|仕事のライフサイクル

仕事にも「賞味期限」があり、上記の図のようなサイクルの通りに生まれては消えを繰り返しています。

自分が足を踏み入れようとしている業界が、上向きなのか下向きなのか、そのサイクルを事前に確認しましょう。

社員が知人を呼び込むようなリファラル採用ができていない会社

本当に条件の良い会社であれば、社員が直接引っ張ってくるケースが多く見られます。

逆にリファラル採用が全く出来ずにいる会社は、社内外の評判があまり良くない可能性が考えられます。

リファラル採用とは?

リファラル採用とは、すでに自社で働いている社員から人材の紹介を受けたり、人材を推薦してもらったりして実施する採用活動のこと。

参考:カオナビ|人事用語集

会社としての良し悪しと、転職先としての良し悪しは違う

採用情報等を見て一見条件の良い会社のように見えても、会社としての良し悪しと、転職先としての良し悪しは違うという事を覚えておいて下さい。

理由は「新卒重視の会社は中途採用の活躍が限定的になる可能性がある」からです。

転職しようとしている会社に中途採用を活かすカルチャーがあるか、確認しましょう。

確認の仕方
  • 中途採用の役員の割合を確かめる
  • 中途採用の出世のしやすさについて聞く

転職先の強みと、自分の配属部署が一致しているか?

次に、転職を考えている会社の目玉の部署と、自分が得意としている配属部署は一致しているかを確認しましょう。

会社には必ず裁量権を持つ部署が存在します。

もし転職先においてあなたが裁量権を持ちたいのであれば、自分の配属部署と会社で裁量権を持つ部署が一致しているかを事前に確認しましょう。

裁量権を持っている部署の見分け方
  • 会社における最も人気のあるサービス・商品に触れてみる
  • 経営陣や幹部メンバーの前にいた会社や部署を調べる

2. 良い転職先の決め方

Photo by Jonathan Francisca on Unsplash

選ぶべき会社の条件

前章では、転職先として「選んではいけない会社」の条件を説明してきましたが、これからは「良い転職先の決め方」について解説していきます。

良い転職先の条件は下記の通りです。

良い転職先の条件

市場価格が上昇傾向にあるか?

働きやすい環境かどうか

あなたの活躍の可能性はあるか?

転職先の会社が「市場価格の上昇傾向にある会社」か、そして「あなたの活躍できる可能性があるか」、これらが特に重要かと思います。

「活躍できる可能性」とは、会社に求められるパフォーマンスと、あなたの市場価格が釣り合っているか?というところです。

次に、市場価格の上昇傾向にある会社(伸びる可能性のあるマーケット)を見つける方法について書いていきます。

伸びるマーケットを見つける二つの方法

「転職の思考法」では伸びるマーケットを見つける方法として、下記を紹介しています。

複数のベンチャー企業が参入しているマーケット

複数のベンチャーが参入し、各社が伸びているマーケットに注目してみましょう。

例えば、「〇〇業界 ベンチャー」と検索し、設立年度が若く投資も集まっていそうであれば、それは伸びているマーケットということでチャンスと言えるでしょう!

既存業界の非効率をつくロジックに着目する

既存の業界で「そんなことができるはずがない!」と、一見周りから馬鹿にされるようなポイントにいち早く目を付けて、価値のあるものとしてやり続ければ伸びる可能性がある、というロジックです。

かなり難しいとは思いますが、周りからは馬鹿にされるけど、実は理屈から考えると正しいものに着目してみると良いかもしれません。

✅【転職先の決め方】まとめ

  • 10年前から同じサービスを同じ顧客に売り続けている会社は転職先におすすめしない
  • 自分が足を踏み入れようとしている業界の「仕事のライフサイクル」を確認しましょう。
  • 会社としての良し悪しと、転職先の良し悪しは別に考えましょう
  • 自分の配属部署と会社で裁量権を持つ部署が一致しているかを確認しましょう
  • 転職先に求められるパフォーマンスと、市場価格が釣り合っているかを確認しましょう

この記事を読んで下さった方が、より良い転職ができることを心より願っております。

↓↓関連記事↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です