グーグルアドセンスの審査に一発合格する方法【なるべく少ない労力で】




アドセンス審査に不安な人

「グーグルアドセンスの審査は厳しいって聞くけど、どんな事に気を付ければ一発で合格できるのかな?記事を30個くらい書かないと受からないって聞いたけど、なるべく時短で合格できないかな~?」

今回はこのような悩みについて解説していきます。

この記事ではなるべく少ない労力・時間でいち早く合格したいという方へ「対策しておいた方が良い最低限なこと」をまとめました。参考にして頂ければ嬉しいです。

この記事を読むメリット

  • グーグルアドセンスの審査に合格するためにやるべき 「最低限のこと」 が分かる
  • 少ない労力・時間で グーグルアドセンスの審査に合格 できる

✅目次

1. Google AdSense(グーグルアドセンス)とは

Photo by Benjamin Dada on Unsplash

Google AdSense(グーグルアドセンス)とはブログ等のオンラインコンテンツに広告を掲載することによって収益を得ることが出来るクリック報酬型アフィリエイトです。

通常のアフィリエイトは掲載した広告の商品が売れて初めて報酬が発生しますが、グーグルアドセンスはクリック単位で報酬が発生するのが特徴です。

つまり、

  1. 自分のブログ等にグーグルアドセンスの広告を貼る
  2. ブログを見た人が広告をクリック
  3. 報酬が発生する

以上の簡単な仕組みとなっております。

グーグルアドセンスの凄いところ

ユーザーに合わせた広告の自動表示

グーグルアドセンスから提供される「広告コード」を自分のブログ等に貼るだけで、ブログ閲覧者が興味を持っていることや関心をあることを自動的に表示する仕組みとなっています。

クリック報酬型のため、広告のクリックのみで報酬発生

広告がクリックされるだけで報酬が発生しますので、比較的報酬は発生しやすくなってます。

アフィリエイトと違って特に難しい知識は必要としません。

グーグルアドセンスを始めるには、グーグルアドセンスのアカウントを取得した後、広告を貼るに相応しいブログかどうか、Googleによる「審査」があります。

基本的に難しいことはないのですが、グーグルアドセンスの審査基準が年々変化しているようなので、私の合格までに行った対策を含めて、最新の情報をお届けできればと思います。

2. グーグルアドセンスの審査までにやったこと

Photo by Agnieszka Boeske on Unsplash

私のブログ初投稿から審査合格までの経緯は下記の通りです。

12月15日 ブログ記事の初投稿

12月24日 グーグルアドセンスのアカウント作成&審査申請

12月28日 メールで合格の連絡

補足情報
  • 申請時の記事数:3記事(文字数2500~3000)→ 審査中に+2記事を追記しました。
  • PVは1日20~50程度
  • 初投稿から申請まで約10日間
  • WordPressを使用

審査申請までに準備したことは、

  1. プライバシーポリシーの作成
  2. お問い合わせページの作成
  3. プロフィール(運営者情報)の作成
  4. サイトマップの作成
  5. 見やすいようにサイトのデザインをカスタマイズ

✔ プライバシーポリシー

広告を掲載しようとしているブログに下記のコンテンツが含まれる場合は、Googleのポリシー違反により審査が下りない可能性があります。

Googleのページに記載がある下記を一度目を通して、該当する項目がないかチェックしてみましょう。

書き方が分からないという方は、参考までに私のブログのプライバシーポリシーを参考にしてみて下さい。

✔ お問い合わせページの作成

サイト運営者への問い合わせが出来るか出来ないかはブログの信頼性に関わってきますので、是非作成しておきましょう。

※おすすめプラグイン:Contact Form 7

数分で非常に簡単にお問合せページが作れますので、おすすめです。

✔ プロフィール(運営者情報)の作成

広告を掲載するにあたって得体の知れない人のブログでは、Googleから信頼されません

最低限の情報で構いませんので、簡単なプロフィール(運営者情報)を作成することをおすすめします。

プロフィールに載せたい最低限の情報
  • ブログのコンセプト
  • なぜブログを運営しようと思ったのか

更に、名前、趣味、特技、経歴、好きな物、嫌いな物などなど、詳しく記載すれば、信用性に繋がっていくでしょう。

個人情報に関してはリスクもありますので、バランスを見て自分好みにカスタマイズしていければ良いと思います。

✔ サイトマップの作成

プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールしてサイトマップを作成しましょう。検索エンジンがサイトを見つけやすくするために、XMLサイトマップを作成します。

Google XML Sitemapsの設定が完了したら、Google Search Consoleにサイトマップを登録して下さい。

✔  見やすいようにデザインをカスタマイズ

私もそこまで拘ってはいませんでしたが、デフォルトで申請をするのはやめた方が良いです。

出来れば独自性が高く、見やすいものを目指してカスタマイズしましょう。

3. グーグルアドセンスの審査のために注意すべき点

Photo by LAUREN GRAY on Unsplash

✔  記事の内容

グーグルアドセンスの「お申し込み時の条件」の中に下記の記載があります。

興味を引く独自のコンテンツがあるか

熱心なリピーターを獲得するうえで最も大事なのは、価値の高い独自のコンテンツを掲載することです。ユーザーにコンテンツを楽しんでもらえれば、共有を通じて他のユーザーにも評判が広がり、サイトの成長につながります。


引用: AdSenseヘルプ – サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

なるべく人の役に立つような、閲覧者にとって読むメリットがある独自性の高い記事を書きましょう。 個人の日記のような記事は、合格しにくいようです。

✔  記事の文字数

読みやすいように2500~3000文字程度が良いと思います。

1つの記事における情報量を確保するために最低でも2500文字以上は書きましょう。

✔  アフィリエイトリンク

アフィリエイトリンクが既に貼ってある際には注意が必要です。

他の企業の広告が貼られていたら心証が悪いですよね。削除して申請するのが望ましいでしょう。

✔  他の記事のコピペはNG

他にはない魅力があるか

他にも多数のサイトがすでに存在しているため、ユーザーの関心を引き付け、詳しく知りたいと思ってもらえるような、関連性の高い独自のオリジナルコンテンツを掲載しましょう。

引用: AdSenseヘルプ – サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

コピペはNGです。上記の通り独自性の高い内容の記事を目指して書きましょう。

✔  定期的に更新する

定期的に(なるべく頻繁に)ブログを更新しているという意思を見せましょう。 グーグルアドセンスに申請してから合格するまでの間には、2日に1記事ぐらい書ければ、定期的に更新している旨をアピールできると思います。

✅まとめ

  • グーグルアドセンスの審査は「きちんと対策すれば」決して難しくない
  • 申請時3記事、10日間での合格は可能(実証済み)
  • プライバシーポリシーお問い合わせページプロフィールを準備する
  • プラグインを利用して、XMLサイトマップを作成してSearch Consoleに登録する
  • ブログを見やすいデザインにカスタマイズする
  • 閲覧者に読むメリットがある独自性の高い記事を量産する

きちんと対策をすれば、少ない時間・労力でグーグルアドセンスの審査に合格することが可能です!

本記事がこれから申請する方々のお役に立てれば、大変嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です