職場でプライドの高い人との付き合い方 【今すぐ距離を置きましょう】




職場にいるプライドの高い人と話すのがとても苦手。上手な付き合い方と、付き合う上での注意点があれば知りたい。

このような悩みについて解説していきます。

✅目次

  1. プライドの高い人の特徴と心理
  2. プライドの高い人との付き合い方と注意点
  3. どうしても我慢できない時は

この記事を書いている私も、同じ職場にいるプライドの高い人と上手くコミュニケーションが取れず、悩んでいる時期がありました。

現在は適度な距離感を保ちつつ、良い関係を形成できています。

この記事に書かれている「プライドの高い人の心理」を理解する事で、どのように接すれば健全な付き合いが出来るのか、お分かり頂けると思います。

それでは解説に入ります。

1. プライドが高い人の特徴と心理

Photo by Icons8 Team on Unsplash

はじめに「プライド」(Pride)とは、

誇り。自尊心自負心

小学館 デジタル大辞泉について

つまり「プライドの高い人」とは自分を曲げられず、他からの干渉を排除しようとする考え方を持ち、自分が最も大事だと考える「自尊心」が高い人のことを指します。

プライドの高い人の特徴

下記のような人が、プライドの高い人だと言われています。

  • 自分の弱点や非を認めようとしない
  • 自意識過剰
  • 知ったかぶりをする
  • 過去の経歴や持っている知識を自慢したがる
  • 虚栄心が強い
  • 否定されるのがとにかく嫌い
  • 謝らない
  • 実は自信がない → 詳しく事項で解説します。

プライドの高い人の心理

プライドの高い人は、表向きは自意識過剰で自分の弱点や非を認めようとしませんが、実はこれは自信の無さの裏返しと言われております。

本当の実力が無く、他人に誇れるものが無いとコンプレックスを抱いているために、自己防衛の目的で自尊心が強くなってしまい、プライドの高い人になります。

本来、自分に自信を持てない人は何らかの形で努力をし、成功体験を積み重ねて、能力と一緒に「自信」を手に入れていきます。

しかし、「自信や能力もないが、努力もしたくない」

そのような人が徐々にプライドが高くなっていきます。

2. プライドの高い人との付き合い方と注意点

Photo by Amy Hirschi on Unsplash

それでは、プライドの高い人とはどのように付き合っていけばよいのでしょうか?

特にどの分野において高いプライドを持つか把握する

どの分野において高いプライドを持つかは、各々異なります。

まずは、それを把握するように努めましょう。

言葉遣いに注意する

必ずその人に合わせたNGワードがあります。記憶しておきましょう。

すぐに反論せず、まずは同調する

相手の意見が間違っていて反論したい場合は、すぐに反論すると自尊心を傷つけられたと勘違いし、激怒する可能性があります。

まずは同調し、自尊心を傷つけないように気を付けて少しずつ反論に繋げていきましょう。

上から目線で接しない

基本的に自分の意見が絶対だと考えている傾向にありますので、他人のアドバイスを嫌う傾向にあります。目線を合わせましょう。

謝らないことに腹を立てない

プライドの高い人は自分の非を認めたくないため、謝ることを嫌います

もし相手が間違いを犯しているとしても、間違いだと気付いてもらう事だけで良しとしましょう。

自分の弱さを「わざと」見せる

プライドの高い人は弱い自分を認めることが出来ず、他人に自分の弱さを見せる事を極端に嫌がります。

そこで、こちらが敢えて弱さを見せることにより、相手は潜在的に安心して心を開いてくれる可能性があります。

自分の失敗体験悩んでいる事でも構いません。

とにかく褒める ←これが一番効果的です

プライドの高い人は自己評価が著しく高いわりに周囲の人から褒められる機会が少なく、常に「褒められる事」を渇望しています。

褒める内容は基本的に何でもOKです。とにかく積極的に褒めましょう!

皆様はピグマリオン効果をご存じでしょうか?

【ピグマリオン効果】とは、

他人から期待されることによって学習・作業などの成果が上がる現象。米国の心理学者ローゼンタールが、教師からの期待の有無が生徒の学習成績を左右するという実験結果をもとに報告。名称ギリシャ神話のピグマリオンにちなむ。ローゼンタール効果。教師期待効果。

小学館 デジタル大辞泉について

例えば、職場で他人に厳しくて恐い上司に「~さんはいつも皆に優しいですね」と言うと、少なくともあなたの前では「優しくあろう」と努力します。

また、いつもやる気のない後輩に「~さんはいつも頑張っているね。期待しているよ」と言うと、少なくてもあなたの前では、あなたの期待に応えようと努力をするでしょう。

ピグマリオン効果を利用して、直してほしい部分を敢えて褒めてみましょう プライドの高い人は煽てに乗りやすいので、そこを生かしたとても効果的な対策法でしょう 。

体験談

私の場合、職場にプライドの高い人が数人いるのですが、とにかく良いところを探して称賛します。そして話しかけられても基本的にはスルーです。無視するのではなく、適当に受け流します。もちろん否定などしません。

3. どうしても我慢できない時は

Photo by Ben White on Unsplash

正直なところ、プライドが高い人と接するのは大変ですし、面倒です

気に障る事があったら指摘しても良いのですが、距離を置くことをおすすめします。

ヘタに指摘して相手のプライドを傷つけると、根に持たれますし、最悪の場合、後に復讐される可能性もあります。メリットは一つも見当たりません

プライドの高い人とは基本的には距離を置いてOKです。

付き合いが深いとこちらの精神が無駄に磨り減るだけです。

適度な距離感を保ち、放っておきましょう。 アドラーの「嫌われる勇気」を読んでいる方であればご存じかと思いますが、「課題の分離」を行い、プライドの高い人の課題は深追いせずに気にしない事が大切です 。

アドラー心理学における「課題の分離」の考え方

対人関係の悩みに遭遇したら、それは「誰の課題なのか?」と考えるべきであり、他の人の課題は抱え込まずに、自分は自身の課題のみ直視して解決すべきである。

出典:『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

✅まとめ

  • 「プライドの高い人」とは、「自信の無さ」に対する自己防衛の目的で自尊心が強い人
  • 「プライドの高い人」がどの分野において高いプライドを持つか把握する
  • 「プライドの高い人」相手には、直接的な反論や否定は絶対にしないこと
  • ピグマリオン効果を利用して、直してほしい部分を敢えて褒めてみよう
  • どうしても我慢できない場合は、「課題の分離」を考え、適度に距離を置く事

他人に時間を使いすぎなくて良いと思います。

プライドの高い人に時間を取られる事なく、自分磨きに時間や労力を費やしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です