あなたが転職について真剣に考えるべき理由【転職できる力を持とう!】




転職に悩む人

自分の勤めている会社は数十年後まで安泰なのだろうか?会社の業績があまり良くなく、とても心配になる。

我慢して今の会社にしがみつくべきなのか、それとも転職活動をすべきなのだろうか?

このような悩みについて書いていきます。

本記事は北野唯我さん「転職の思考法」を参考にしております。

転職を考えている方もそうでない方も、社会人であれば読んでおいて損の無い、とても素晴らしい内容となっております。

是非読んでみて下さい。↓↓↓ ※クリックしてもお金は発生しません。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

あなたがこの記事を読むメリット
  • あなたが今、転職をするべきなのかを考えるきっかけになる。
  • 転職を考える上で、あなたが今日からすべきことが分かる。

1. あなたが転職について真剣に考えるべき理由【転職できる力を持とう!】

Photo by Bethany Legg on Unsplash

結論です。

この記事を通して私がお伝えしたいことは

「転職する・しないに関わらず、『転職できる力』を身に付けておきましょう。」

ということです。その理由を解説していきます。

会社はあなたの面倒を見てはくれない

組織が個人を定年まで守ってくれる終身雇用の時代は終わりました。

いつ会社から放り出されるか分からない中で、何もカードを持っていないのは非常に危険です。

何も考えずに今の会社に依存していても良いのでしょうか?

多くの企業にありがちなこと
  • スキルアップの機会を十分に提供されない
  • 総合職で採用されて、配属がランダム
  • ジョブローテーションにより専門スキルが身に付かない

このような会社では、本人の市場価値が低いまま気付いたら40代後半

この構造に気付いた頃にはもう手遅れ、なんてことになり兼ねません。

市場価値とは

「転職の思考法」では、市場価値を下記の通りに定義しております。

技術資産

人的資産

業界の生産性

業界の生産性とは、その業界にいる人間が平均一人当たり、「どれほどの価値を生み出しているか」を意味しており、いくら技術資産や人的資産が高くても、働く産業を間違えれば自分の市場価格は高まりません

自分の市場価格が低いまま、思考停止状態で年を重ねてはいけません。

次は自分の市場価格を上げることの出来ない、「転職を考えるべき会社の特徴」について説明していきます。

市場価格の上がらない「転職を考えるべき会社」の特徴

業界の生産性が枯渇している

自分が働いている業界をよくリサーチし、今後の動向に目を光らせましょう。

生産性が低く、今後の成長が見込めない産業、いわゆる衰退産業で働くことはおすすめできません。

転職をタブー視している会社

現代には未だ「転職活動をする人は、会社の裏切り者だ」というような転職をタブー視する文化が残っています。

会社への忠誠心で自分をごまかして、転職という新しい選択肢を放棄する必要はありません。

今の会社での活躍できていなくても、別の会社で活躍できる人も沢山いますからね。

「ずっと在籍し続けてもらえるか分からないからこそ、会社は積極的に社員に成長の機会を提供する」

そのような転職を容認する文化・会社であれば、逆説的に良いメンバーが集まります。

結果として、離職率の低い、市場価値の高い会社となります

副業を禁止している会社

会社は定年後の人生まで責任も持ってくれません。

社員のことを大切に考えている企業であれば、労働者一人一人の生活も大切に考えます。

よって一企業の都合で、本人の未来を縛るような行為はしないはずです。

副業を禁止している会社には将来性が無いと感じますので、転職を考えて良い条件の一つであると思います。

転職すべきかどうかの見極め方

「転職の思考法」ではこのような方法が紹介されています。

自分に合った「緊張と緩和のバランス」が存在していて、それを計ることによって、環境を変えるべきかどうかを判断する一つの基準となります。

今の会社でこの半年の間に強い緊張を感じた場面を書き出してみて下さい。

悪い緊張が10個以上 ⇒ 職場を変えた方がいい

良い緊張が3個未満 ⇒ より難しい業務や、やったことがないことに挑戦する

※上記は客観的でなく、あくまでも主観でOKです。

2. 転職を考えることによるメリット

Photo by Adeolu Eletu on Unsplash

今まで何も考えずに会社に依存していた人が「転職」を意識して自分の市場価格を上げる努力をすることによって、下記のメリットがあります。

「転職できる力」を持つことにより、積極的な発言をすることができる

市場価値の低いままで会社に依存していると、きちんと言うべきタイミングでノーと言えません。

自信がなく、上司の評価やクビが怖いからです。

逆にいつでも転職できるという「交渉カード」を持てば、上司の評価やクビを恐れずに、自分に嘘を吐かずに発言できるようになります。

「転職」という選択肢を持った上で、対等な立場で相手と接することが出来るのです。

そして自分に正直に、健全に生きることができるようになります。

転職を考えることは「働き方」だけではなく「生き方」に影響を与えるでしょう。

また、会社が潰れても生きていけるという「自信」が働く上でのあなたの「強さ」となります。

いつでも転職できる状態(市場価値)を作る努力をすることが大切です。

転職にポジティブな会社は最強

いつでも転職できるような人間が、それでも転職しない会社」これが最強です。

個人を縛らずに、転職についてフランクに、かつポジティブに話し合える職場の空気、これを作ることができる会社は、市場価値が高いと感じます。

転職が当たり前になれば、選択肢を手に入れた個人はより自由になり、本業にも余裕が出てきます。

社員を惹きつけようとする会社はより魅力的になり、結果的に居心地が良い環境になります。

転職を阻害するマインド

転職をポジティブに捉えられないとすれば、それは「現実的な危険性」ではなく、ほとんどが「先の見えない恐怖」でしょう。

しかし、今の会社に市場価格が低いまま残って泥船のように沈む方が悪手であると考えれば、着実に準備をして、市場価格を高める努力をすべきなのは明確でしょう

3  あなたが転職を考える上で、今すぐ実践すべきこと

Photo by Danka & Peter on Unsplash

会社にとって替えのきく存在にならないために、自分自身のキャッチコピーを考えて、自分にラベリングしてみましょう!

例えば、

  • 「新規開拓の鬼」
  • 「プロジェクトのリスク掃除人」

これらを「転職の思考法」では紹介しています。

このキャッチコピーを決めて自分にラベリングすることによって、自分で決めた「価値観」によって「行動」を決めることになるため、「やるべきこと」を絞ることができます。

これが明確化できないと、行動が分散化されて、本来取るべき行動にフォーカス出来なくなってしまいます。

私のキャッチコピー「失敗を恐れずに行動しろ!」です。

私は今まで、安定と平穏を求めて、失敗を恐れて数々のチャンスを失ってきました。

これからはチャンスを見逃すことが無いように、

「失敗してもいい、とにかく早く判断して、行動に移せ!」

自分にラベリングして、言い聞かせるようにしています。

ちなみにこのキャッチコピーは、最初は嘘八百でも大丈夫です。

自分の価値観と意識、行動を明確化することによって、転職先の仕事を選ぶ基準となってきますので、是非自分のキャッチコピーを考えてみることをおすすめします。

✅【転職について考える】まとめ

  • 何も考えずに会社に依存していると自分の「市場価値」は下がっていく
  • 市場価値とは「技術資産」「人的資産」「業界の生産性」
  • 自分が働いている業界をよくリサーチし、業界の生産性を考えてみましょう
  • 「転職できる力」を持つと、自分に正直に、健全に生きることができるようになる
  • 価値観と意識、行動を明確化するために、自分のキャッチコピーを考えてみましょう

自分の人生を選ぶ力、転職できる力(市場価値)を得るまでは一生自由にはなれません

転職を考えている方はもちろんのこと、転職を考えていなくても、「転職できる力」を常に蓄えて、「自力で稼いでいく」という意識を持つと、自分の未来を想像できる力となると私は信じています。

最後にもう一度、北野唯我さん「転職の思考法」をご紹介させて下さい。

サラリーマンなら必読の一冊です。私の人生観を変えた本でもありますので、是非読んでみて下さい!

↓↓↓ ※クリックしてもお金は発生しません。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です