転職を親やパートナーに反対された時の対応方法【3分で読めます】




転職に反対された人

パートナーや親に『転職したい』と相談したら反対されてしまった。

何か良い説得方法はあるのかな?

今回はこの悩みについて解説していきます。

この記事を読むメリット
  • 親に転職を反対された時の対応方法が分かる
  • パートナーに転職を反対された時の対応方法が分かる

1. 転職を親に反対されて悩んでいる

Photo by Steve Shreve on Unsplash

結論、自分でしっかり考えて出した答えが「転職」であれば、親の意見は一旦無視しましょう。

理由を説明していきます。

親の価値観は自分とズレていて当たり前

私たちと親世代とでは30年近く生きてきた時代が異なります。

時代は急速に変動しているので価値観は違っていて当たり前ですね。

価値観が違っている人から、適切なアドバイスを貰えるとは限らないですよね。

それが自分の親でも例外ではありません。

親は子にとにかく「安定すること」を求めがちですが、そもそも親が求める環境・職種が「安定している」と、本当に言えるのでしょうか?

親の価値観が30年間の間にアップデートされてないとすれば、親が言う「安定」はもはや時代遅れなのかもしれません。

「サラリーマンが安定」という一社にすがる終身雇用の時代はとっくに終わっています。

親は「子への愛情」でリスクを恐れる

とはいえ、可愛い我が子への愛情がリスクを極端に恐れる気持ちになってしまうことも理解はできます。

親は、子の今後の発展の可能性よりも関わらずそのリスクを恐れます。リスクは大小に関わらずです。

まずは「子への愛情」がリスクを恐れる保守的な意見となっていることは理解しましょう。

しかしながら、その意見は常に正しいとは限らないので、本当に信頼できる情報を集めて、

最終的な判断は最もコミットしている「自分」が下しましょう

論理的に説明すれば分かってもらえる親もいます

親も納得の上で安心させながら転職できるのであれば、その方が良いです。

親に頭越しに否定されるとついカッとなってこちらも感情的になりがちですが、こちらが一旦冷静になって、下記を可能な限り丁寧に説明しましょう

説明すること
  • なぜ自分は転職したいと思っているのか?
  • どのような方法で転職するのか?
  • 転職した後のビジョン
  • 転職のメリット

ポイントは、なるべく親世代にも分かるような表現やワードを選ぶということです。

あまり「マーケットバリュー」等の横文字を使いすぎると、それだけで抵抗感がある親もいますので、注意が必要です。

それでも親に転職を反対されたら

どんなに丁寧に自分の転職のビジョンを説明しても、反対するばかりで否定的な場合もあると思います。

そんなときは親がどう感じているかを一旦無視して、自分の決めた方向に向かいましょう

今の状況を最も理解してコミットしているのは、まぎれもなく「自分」です。

自分で意思決定をせずに行動せずにいると、後の大きな後悔にも繋がるでしょう。

2. 転職をパートナーに反対されて悩んでいる

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

反対されている相手がパートナーだった場合、今後の人生にも左右されるケースもありますので、慎重に対応しなければなりません。

子供もいて生活がかかっているとなると、パートナーは保守的になりがちです。

まず、パートナーへの転職の意思の伝え方について、下記を理解しましょう。

ロジックを丁寧に説明する

パートナーへの説明のロジック
  • この転職は生活を第一に考える上での転職だということ
  • なぜ今の職場ではなく、転職が必要なのか?
  • 転職した後の生活の変化・収入・休みなどの情報

これらを出来る限り丁寧に説明するように努めましょう。

そして、最後に今の会社にいる方が悪手であるという旨も伝えましょう。

パートナーの共感を生む説明をする

仕事・転職に関して、誰よりもその実態を知っていて「誰よりもコミットしているのは誰かを?」出来る限り論理的に説明しましょう。

「子育て」での例え

妻が子育てに専念していて、旦那は仕事が多忙であまり子育てに助力できない。

そんな旦那が、偉そうに子供の教育について偉そうに持論を語っても、間違いなく妻は「何も知らないくせに!やってないくせに!」と不快な思いをするでしょう。

それは仕事・転職においても同様です。

一番仕事にコミットしていて、転職のメリットもデメリットも知っているのは転職をする本人です。

なぜ転職をする必要があるのか?一番詳しく理解しているのは、紛れもなく本人です。

どうしても本人にしか分からない感覚もあります。

このような内容を冷静に伝えましょう。

同じレベルで理解できる言葉や比喩を使う

パートナーの共感を得るためにも、不用意に難しい言葉を使わないように注意しましょう。

特に「マーケットバリュー」等の英語のビジネス用語は使わずに、相手のレベルに合わせてワードや比喩を使って、相手の視点に立ち、出来るだけ分かりやすく説明してください。

あなたが転職を踏み切る前、情報を蓄積させて今のあなたがあります。

急に積み上げた情報をパートナーに振り下ろしてしまっては、パートナーを混乱させる可能性があります。

大切なことはパートナーの共感を得て、一緒に転職を乗り越えるということです。忘れないようにしましょう。

✅【転職を反対された時の対処法】まとめ

  • 親の価値観は今の自分と違っていて当たり前
  • 「子への愛情」がリスクを恐れる意見となっていることは理解しましょう
  • 親がどう感じているかを一旦無視して、自分の決めた方向に向かいましょう
  • パートナーに対して、転職のロジックを出来る限り分かりやすく説明しましょう
  • 「誰よりもコミットしているのは誰かを?」出来る限り論理的に説明しましょう。
  • 不用意に難しい言葉は使わずに、パートナーの目線に立って説明しましょう

親やパートナーに反対されたとしても、あなたが自分自身でじっくり考えて出した結論が

「転職」という道なら、親やパートナーの意見に左右されることなく、

あなたの信じた道を進みましょう!

↓↓関連記事↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です